組織概要 summary

ホーム > 組織概要

平成29年度 大分商工会議所青年部

佐藤 理沙
大分商工会議所青年部
平成29年度 第36代会長
藤澤 卓弘
平成29年度スローガン
「ともに前へ」
~想いを言葉に、言葉を行動に、青年の行動が地域を変える~

 

 この度、平成29年度大分商工会議所青年部第36代会長を務めるにあたり、ご挨拶申し上げます。

 昭和57年の創立以来36年目となる大分商工会議所青年部(大分YEG)は、現在では大分市最大の祭りとなった「府内戦紙」の立ち上げや、近年では創立30周年記念事業から始まった「府内南蛮ライティング」を実施してまいりました。 特に府内戦紙は今年度で第33回目を迎えますが、今日までこの事業を牽引してくださった諸先輩方や、これまでこの祭りの拡大に御協力頂きました参加企業様や各種団体、個人の皆様には改めて感謝申し上げます。

私は歴代の先輩方が築き上げた、この素晴らしい大分YEGの歴史・文化を尊重し、新しい会員にとってより魅力的な会になる様、次の世代へと引き継ぐ事が私の使命だと思っております。

 また、このYEGという組織はトップダウンの組織ではないと私は考えます。総会や役員会では会長であっても1票の議決権しか持ちません。全会員から推薦された会長として大分YEGの代表を務めるにあたり

平成29年度スローガンを「ともに前へ」 ~想いを言葉に、言葉を行動に、青年の行動が地域を変える~ 

としました。大分YEGには多種多様な業種の仲間が在籍しています。それぞれの立場や考え方の違いはありますが、この組織において物事や事業を進める為には、「綱領」「指針」「YEG宣言」という共通の理念の基、会員の意見をしっかりと聞き、それぞれのベクトルを所信に沿わせ、最大公約数を探し出し前進しなければなりません。私は111名の会員とともに郷土大分への想いを言葉に変え、発した言葉には責任を持って行動し、ともに前へ進みます。

 今年度は今まで行ってきた例会や各事業をさらに進化させながら継続するのは当然ですが政策提言という新しい分野に挑戦をします。大分YEGはどちらかというとイベントに強いというイメージがありますが、20代~40代までの若い柔軟な発想で、また地域を支える青年経済人として、地域問題の調査、研究を経て、大分商工会議所、大分市行政に対しての政策提言活動に取り組みます。

 既存事業も含めて、私たちの活動が郷土大分に元気と活力を与えることを目的とし、その目的達成の為には大分YEGも進化し続けなければならないという意思を持って行動していきます。

 一年間どうぞ、宜しくお願い致します。

 

大分商工会議所青年部
平成29年度 第36代会長
藤澤 卓弘

平成29年度組織図

大分商工会議所青年部の本年度の組織図は、以下のボタンよりPDFデータでダウンロード閲覧ができます。
平成29年度 大分商工会議所青年部 組織図

平成29年度活動予定

本年度の大分YEGは、6つの委員会制において活動を行っています 。

●例会企画委員会(担当副会長:永松 裕史 委員長:秋吉 亮)

1.基本方針
 例会企画委員会は、会員が一同に集まる重要な会合を運営する責任と自覚を持ちながら、楽 しんで企画の立案や例会の運営をしていきます。参加した会員が「自己研鑽」「事業所で活用」 「会員間の親睦を深める」等、参加する事で様々なスキルがレベルアップできる企画を毎月の 例会で開催します。
また、今年度は年間スケジュールから日程変更せずに例会を開催します。エンジェルタッチによるスケジュール配信を早期に流し、各々が例会に参加できるよう参加率の向上に努めます。
今年度だけでなく、次年度以降も例会をスムーズに進める為の各種資料を作成します。開始時間・終了時間を厳守し、会議進行能力を研鑽します。

2.事業及び活動計画
 1) 毎月の例会の開催
 2) 他単会との合同例会の開催
 3) 新年会頭講話の開催
 4) 講師によるセミナーの開催
 5) ビジネスパワーアップの推進
 6) 例会のシナリオ作成と管理
 7) 会員拡大に向けた取り組み
 8) 会員の参加率向上

●広報会員拡大委員会(担当副会長:長野 史裕 委員長:赤嶺 和弘)

1.基本方針
 広報会員拡大委員会は、これまで諸先輩方が築き上げてきた歴史と文化を受け継ぎ、大分YEGとそれを取り巻くステークホルダーが地域に元気と活力を与える活動を展開できる環境を広報・会員拡大を通じて構築していきます。
 広報活動については地域、市民に対し、各委員会と連携を図りながら大分YEGの事業告知、報告活動を計画、実行していきます。さらに、各事業を効果的に発信するために、メディアへのプレスリリースや、ホームページを活用し、情報を発信していきます。SNSにおいては、興味、関心につながる情報発信を行うことで、私たちの活動や取組みが広く認知されるよう努めていきます。会員に対しては各事業の告知、報告活動はもちろんですがSNS、ブログを活用し、会員の多種多様な業種を知ってもらい、ビジネスの相互発展につながるよう情報を発信していきます。  会員拡大については団塊ジュニアの世代が卒業を迎え、会員が減少するという大分YEGの現状を知ってもらい、委員会任せではなく、会員一人ひとりが拡大の必要性を感じ、拡大情報の提供を行う必要があると考えます。そのため、各委員会と連携し、紹介者カードなどの拡大ツールや自社、取引先からの紹介など情報の吸い上げと、これまでの会員拡大情報の精査を行い共有していきます。ともに切磋琢磨し、活動が地域の発展となり、それが社業に繋がっていくという想いに共感する仲間を増やし、さらなる組織の拡大を目指します。
 大分YEGの全会員が想いを言葉に、言葉を行動にし、「ともに前へ」進むことで地域を変えることができるよう、広報・会員拡大の側面からサポートを行い、今年度、大分YEGの全事業がレガシーとなるよう活動していきます。

2.事業及び活動計画
 1) 活動の記録と広報への有効利用
 2) エール記事の作成
 3) ホームページの管理運営
 4) Facebookの管理
 5) 会員拡大に向けた取り組みと管理
 6) 会員の参加率向上画
 

●政策提言委員会(担当副会長:井上 誠 委員長:平川 奉也 )

1.基本方針
 大分で産業を営む青年経済人の立場から、少しでも豊かな住みよい郷土づくりを実現するため、地域行政と連携のもと、大分が抱える課題を直視し、アイディアを出し合い、問題解決の糸口となる提言を行います。
 また、調査・研究を通じて、新しい仲間(新規入会者)の確保、既存会員とのコミュニケーションを多く図ることで、より大分YEGならではの政策提言にまとめつつ、参加率の向上につなげていきます。

2.事業及び活動計画
 1) 商工会議所青年部ならではの政策の調査・研究
 2) 政策提言書の作成
 3) 会員拡大に向けた取り組み
 4) 会員の参加率向上
 

●地域交流委員会(担当副会長:立花 文人  委員長:安部 慎太郎)

1.基本方針
 今年度のスローガン「ともに前へ」の原動力になるものが大分YEGへの帰属意識だと考えます。辞書によると、帰属意識を持つということはその集団の目標や価値や役割を深く理解し内在化している状態をいうようです。
 現在に至る大分YEGの強固な仲間意識は、多くの事業を成し遂げてきた賜物だと私は思います。各会員の入会理由や目的そして青年部への価値観も様々で、青年部への想いにも温度差にも違いがあり、それも全て受け入れて個としての存在価値を認め合い仲間意識し、そこからさらに帰属意識まで高められる事業を行います。
 帰属意識が高まった結果、組織として地域を愛し地域貢献活動を行います。

2.事業及び活動計画
 1) 地域貢献活動
 2) 単会内交流事業の開催
 3) 新入会員同士の親睦交流
 4) 会員のビジネス交流の推進
 5) 会員拡大に向けた取り組み
 6) 会員の参加率向上

●渉外委員会(担当副会長:岩尾 謙吾 委員長:田口 永依子)

1.基本方針
 渉外委員会では、「高めようYEGの可能性」を目標に1年間活動していきます。
 まず、一人でも多くの会員が単会外活動に積極的に参加するように呼びかけます。県青連事業、会員大会、九州ブロック大会、全国大会などの単会外活動には、必ず新たな「出会い、発見」があります。私は、これらの活動を通して、YEGの繋がりの強さ、仲間の絆を感じてきました。YEG活動には沢山の可能性が秘められていると考えます。当委員会では単会外活動へ参加することの魅力を発信し、一人でも多くの参加者を募ります。
 また、他単会との連携として、昨年行った別府単会との合同例会をさらなる実りのある事業にするために、企画・立案・実行します。さらに、友好YEG宣言12周年目を迎える長崎単会との交流を継続して行います。「ながさきみなとまつり」にも参加し、他単会が取り組む事業からの学びを当単会に活かしていきます。
以上の方針で、秘められた無限の可能性を高めるべく、仲間たちと「ともに前へ」進んでいきます。

2.事業及び活動計画
 1) 各種大会への参加・支援
 2) 他単会との連携
 3) 単会外大会旅程の管理
 4) 会員拡大へ向けた取り組み
 5) 会員の参加率向上
 

●府内戦紙振興委員会(担当副会長:佐藤 修治 委員長:羽田野 富弘)

1.基本方針
 第33回を迎える大分市最大の祭り「府内戦紙」を、今年も安全かつ盛大に運行する為に青年部全員の知恵を結集して議論を重ねていきます。
 第33回終了後は各団体様、青年部会員の反省点を集め、第34回をより発展させることを目指して協議していきます。
 過去の先輩方が築き上げてくれた「府内戦紙」の文化や「府内戦紙」を愛する想いを継承し、青年部の仲間が力を合わせ成功に導き、次世代にしっかりとバトンタッチ出来るように行動します。
 また、大分駅府内中央口広場での事前展示は着実に定着してきておりますが、これまで以上に多くの方に見ていただき、楽しんでもらえるよう、様々な方向性を模索し進展させていきます。
 さらに、七夕まつり二日目の「わくわく戦紙広場」へたくさんの方に参加していただく為に創意と工夫を重ね、「府内戦紙」をより身近に感じ、「来年も来よう!」と思ってもらえるように運営していきます。

2.事業及び活動計画
 1) 府内戦紙運行に関する事項の統括
 2) 実行委員会・運行委員会の開催
 3) 参加団体・出演団体との折衝
 4) 新規参加団体の斡旋
 5) 出陣式・オープニング
 6) 二日目の全エリア統括
 7) 会員拡大へ向けた取り組み
 8) 会員の参加率向上
 

  

●総務委員会(担当副会長:門脇 啓二 委員長:河野 健太)

1.基本方針
 総務委員会はYEG活動に対して、事務局や各委員会との連携を密に行い、青年部全体が円滑な活動を行えるよう一致団結して事業を行っていきます。
 また資料作成能力向上が参加率向上の一端を担えると考え、各自の自己研鑽も含め積極的に取り組んでいきます。
 新入会員への指導も含め、エンジェルタッチの使用推進を行います。
 この歴史ある青年部の中にあっても、決して満足せず、慢心せず、常に向上心を持って事業に取り組んで参りたいと思います。自分らしさを忘れない志を持って、1年間事業に精励いたします。よろしくお願いいたします。

2.事業及び活動計画
 1) 通常総会・臨時総会の開催
 2) 役員会・総会の準備運営
 3) 役員会議事録の作成
 4) 規約・規則の見直し
 5) 資料作成能力の向上
 6) 役員オリエンテーションの開催
 7) エンジェルタッチの推進
 8) 事務局との連携
 

青年部パンフレットダウンロード
大分商工会議所青年部(YEG)
〒870-0023
大分県大分市長浜町3丁目15-19
        大分商工会議所内3F
TEL:097-536-3268
FAX:097-536-3003
ページトップに戻る